気になるフローリングのキズには

subpage-img

近年の住宅は畳の敷いていあるいわゆる和室が少なくなり、フローリングの部屋が多い傾向になってきています。

理由は近年の外観が洋風な物が多く、室内もそれに合わせた造りが多いという事や、三世代が住む家が少なくなってきている事もその理由の一つになっています。



高齢の方は和風な家や、畳の部屋を昔から使ってきたり、見てきている為好まれます。

しかし、高齢になり介護が必要になった際やバリアフリーにリフォームし、車いすを使用する場合にはフローリングが良く、車いすのタイヤなどで畳が悪くなるという事はありません。



食べこぼしや飲み物をこぼした際に拭き取るだけで綺麗になる点も好まれる理由の一つに挙げられ、子育てする家庭には特に好まれます。

何かと便利なフローリングですが、メンテナンスも大事で、メンテナンスを怠っているとキズが目立ち始めたり、ボロボロになったりする事もあります。
フローリングに先のとがった物や、重い物を落としてしまうとキズが入ります。キズを補修するには業者に依頼するのが一番理想的ではありますが、費用が掛かる為なるべく依頼したくない、自分で何とかしたいという方は、ホームセンターで販売されている補修材を使用するとある程度は修理できます。



しかし、本職が修理したような綺麗な仕上がりにはなかなかなりにくい為、リビングや客間など人の目につく箇所は地元の業者に依頼する事で安く綺麗に補修してもらえ長く使い続けることが出来ます。

top