フローリングのキズはDIYで直せます

img1-1

近年の住宅の床にはフローリングが採用されることが多く、絨毯や畳の部屋が少なくなりました。
現在でも日本家屋では畳を入れる和室がありますが、タワーマンションなどでは注文が無ければバリアフリーのオールフローリングであることが多く、一戸建て住宅でもオールフローリングが多くなりました。

フローリングのメリットは、劣化がしにくく、家具の配置で絨毯や畳と違って跡が付かないことや、掃除のしやすさ、水に強いなどです。



しかしながら、メリットの裏にデメリットもあります。


デメリットは、施工費用が高く、キズが出来ると補修が困難という点でしょう。

床材にキズが付くとその部分から劣化が進みます。


キズが付いた場合、速やかに修理をすることが良いのですが、工務店などに修理を依頼すれば、費用が高くつきます。

凹みや引っかき傷が出来た場合、修理する材料の調達を行います。


補修用具はほとんどホームセンターで揃えることが出来ます。
軽いキズは専用のマニキュアかクレヨンを利用すれば簡単に補修が可能です。深い傷や凹みがある場合は、パテを使ってキズを埋めます。

盛り上がったパテをサンドペーパーで削り、パテの部分に専用ペイントと小筆で木目の柄付けをします。


柄付けが終われば、クリアスプレーをしましょう。



修理が完了したらフロアコーティングしておくと良いでしょう。
色が異ならないように床の画像や写真をスマホなどで撮って、お店であった色を購入すると良いです。



フローリング補修入門

img2-1

近年の住宅は畳の敷いていあるいわゆる和室が少なくなり、フローリングの部屋が多い傾向になってきています。理由は近年の外観が洋風な物が多く、室内もそれに合わせた造りが多いという事や、三世代が住む家が少なくなってきている事もその理由の一つになっています。...

more

初心者向きフローリング補修

img3-1

フローリングは部屋のレイアウトに柔軟に対応し、また掃除も手軽に行えることから最近非常に人気です。しかし、キズがつきやすいのが難点で、注意深くしていてもちょっとした弾みでキズがついてしまうことがよくあるものです。...

more

フローリング補修の納得の情報

img4-1

フローリングにキズがついてしまうと、目立たなくなるようなワックスを塗布したり、見えなくなるまでサンドペーパーで磨いてから、塗料を塗ったりと、たいへんな手間がかかってしまいます。キズの程度がひどく、あまりにも目立ってしまうようなら、フローリング全体を張り替えることにもなりかねません。...

more

フローリング補修のよく解る情報

img5-1

家の廊下をはじめキッチンや居間でも床にはフローリングを張っている場合が多く、木目調で落ち着いた雰囲気を出しています。しかし月日の経過ととも家具の移動や食器を落とした時などの他にもペットの爪などが原因で、どうしてもキズがついてしまいますし、アパートの場合は退去の際に修繕費として請求される事もあるので早い内の補修が必要です。...

more
top